仕事場を癒す

オフィス

飲料サービスの導入

業者が提供しているオフィスコーヒーのサービスには、従来からある自販機の他に、その場で淹れるタイプのものがあります。最近はコーヒーにこだわりを持つ人も多いことから、より本格的な味が楽しめる後者に人気が集まっています。コンビニなどでも味にこだわったコーヒーを飲めますが、オフィスコーヒーなら外に出なくともその場で飲めるというメリットがあります。社員のリラクゼーションを充実させる策として、オフィスコーヒーは導入しやすいサービスと言えます。導入するにあたっては、どんなコーヒーマシーンが設置されるのか必ず調べておくようにします。オフィスコーヒーは機械の特徴によって味が変わってくる他、コストや使いやすさなどにも影響するからです。とにかく味にこだわりたいのであれば、業務用とほぼ同じ性能を待つマシーンを選択します。コーヒーショップに導入されているものと同様の構造を持つこのマシーンは、コーヒー豆を挽くところから始めるのが特徴です。面倒そうに思えますが、一度セットしてしまえば全て自動で行なってくれるので、手間はかかりません。カプセル式のマシーンは、コーヒー豆の鮮度を保てるという特徴があります。コーヒー豆は空気に触れると酸化が進み、風味が落ちてしまいます。カプセル式ではコーヒー豆をカプセルに閉じ込めることで酸化を防ぎ、風味を保つことに成功しています。ランニングコストを重視するなら、インスタントコーヒーを使うマシーンがおすすめです。市販のインスタントコーヒーを使えるので、1杯当りのコストが低く、好みの風味へと気軽に変えられるのも魅力です。

Copyright© 2018 会社でオフィスコーヒーを導入|簡単にリフレッシュができる All Rights Reserved.